成人式は早めに準備をしましょう。早めに準備をすることでどんなメリットがあるのかを解説します。

成人式の準備は早めが大事

余裕を持った成人式の準備を

成人式当日までにやっておくべき準備がいくつかあります。振袖を選ぶことと、前撮りをすることです。
これらの2つはできるだけ早めに行いましょう。たくさんの新成人がいますので、前撮りの日程や振袖のキープが立て込むことは必至です。

成人式の準備は余裕を持って行うことが大切です。いつから準備をした方が効率がいいのかをまとめてみました。

振袖レンタル・前撮りは一箇所で!

振袖のレンタルや前撮りは一箇所で済ませたほうが効率がいいです。
振袖を借りるために呉服屋、前撮りするために写真屋、当日のヘアメイクはあの美容院…と、2つも3つもお店を回ってしまうと大変じゃないでしょうか。
1つのお店でまとめたほうが、あちこち行ったり来たりすることもなく、スムーズです。

愛写館は写真屋なので、前撮りが出来る環境や設備は万全。同時に振袖のレンタルも行なっていますので、
わざわざ他から振袖を借りてくる必要もありません。
またスタッフは振袖にあったヘアメイクや着付けのプロです。どんなデザインの振袖がいいのか、
どんなヘアメイクにしたらいいのかを、スタッフと相談しながら進めていきますので、あなたのこうしたい、が叶います。
予約から当日までずっと同じスタッフがあなたと一緒に準備をしてくれますので、
スタッフはあなたのことをよく理解した上で、振袖やヘアメイクを提案します。

このように、一箇所でまとめると、順調に準備が進みます。
幾つものお店を探していくより、一箇所でまとめられるお店を見つけたほうがスムーズです。

振袖の予約は誰よりも早く

振袖のレンタルはいつ頃からレンタルが開始されるかご存知でしょうか?
成人式が始まる半年前? 1年前? と思っている人もいるかもしれませんが、なんと2年も前から予約は始まっているのです。
高校を卒業する頃からもう振袖のレンタル予約は始まっていると考えた方がいいでしょう。

振袖のレンタルは早めに行わないと、あっという間に在庫がなくなってしまう恐れがあります。
こんな着物が着たい、こんな色がいい、とカタログを眺めてばかりいると、他の新成人が次々と振袖を予約してまいます。
レンタルが遅いと、残り物の中から選ばなくてはいけなくなります。早めに振袖を見に行くと、たくさん数が揃っていますので、これだと思える振袖に出会いやすいです。

着てみたい理想の振袖がしっかり浮かんでいても、浮かんでいなくても、たくさん数が揃っている早い時期から振袖はチェックしましょう。

前撮りの予約は時期をよくチェック

前撮りの予約も、早ければ一年以上前から開始しています。
撮影の時間は軽く1時間は必要とします。ヘアメイクのセットや着付けの時間もありますし、たくさんの撮影パターンを撮りますので。

前撮りを予約する時に注意していただきたいのは、他のイベントとの時期です。
例えば、入学・卒業シーズンである3月と4月、七五三がある11月は写真屋の繁忙期です。この時期に前撮りの予約を頼んでも、
予約がすでに埋まってしまっている可能性もあるのです。
また、運良く予約ができたとしても、他の撮影の時間のこともあるので、あまり時間をとられない可能性もあります。
繁忙期じゃない時期に前撮りの予約をしたほうがいいかも知れません。

予約が立て込まない時期は、大体5~6月か9~10月です。
それ以外の時期もあまり立て込まないと思いますが、結婚式やお宮参り、誕生日など、時期が明確になっていない
撮影の予約が入ることもありますので、やはり早めの予約が大切になります。
HOME成人式の準備は早めが大事成人式の写真を綺麗に写すためのコツ振袖に合うメイクの仕方振袖に似合う髪型振袖を着る時の気をつけておきたい点